さまざまなイベント企画を行っている鎌倉市倫理法人会

モーニングセミナーをはじめ、おもしろ企画をどんどん行っています。いろんな経験をしたいなら鎌倉市倫理法人会へ!

2016年6月8日水曜日

~家政婦は見た!倫理に基づいた成功者の生活~杉浦 ひろみ 紀尾井町倫理法人会 幹事

201667日(火)                                                                   

いよいよ梅雨入りです。今朝は、極めて細かい雨が降りそうな空模様。ただ、関東地方の5月の降雨量は極めて少なく、水源地のダムは例年になく干上がっているとのこと。節水に明け暮れる梅雨時にならなければと思います。鎌倉では、紫陽花が美しく咲き揃い、観光客の目を楽しませてくれます。

最初に、松谷会長の会長スピーチです。

「先日、都内に行った際、路上のごみ拾いをしました。家の近くの鎌倉の道路に比べて、都内の方がごみが多いと思いました。『ごみを拾う人は、ごみを捨てた人の福を貰える』とも言われます。皆さんも積極的にごみ拾いをしましょう。

先日、危険物取り扱いに関する講習を受けました。地震が発生したとき、普通の人間は、本能的に『自分は大丈夫』と思うようです。それでは、危険への対応が遅れてしまいます。危険に対して最良の対応をするには、本能ではなく、意思の力で行動を決める必要があります。本能に任せば、朝起きもできません。朝起きにも意志の力が必要です。」

次に、清水 克則 会員による、3分間スピーチです。

「去年の9月から朝礼委員をしています。当初、朝礼時の各役目を誰かに担って貰わなければならず、それぞれ、担って貰えそうな人にお願いすることが心の負担になり、昨年暮れに眼がおかしくなり、眼科で診て貰い、ストレスによるものと診断されました。石渡相談役に相談したところ、色々な角度から一緒に考えて下さり、今では、毎回のMS自体が清々しく、快感までになっています。昨年、朝礼委員をされていた松谷会長のご苦労にも感謝しています。」

いよいよ、杉浦 ひろみ 氏の講話です。

「杉浦 ひろみ 氏のプロフィール」
東京都紀尾井町倫理法人会 幹事
 (一社)伝統美養食育推進支援協会 会員
10,000人簡単味噌づくりプロジェクト 全国リーダー

「倫理と出会ったのは、2,011年暮れでした。2,0128月には鎌倫の豊澤 幹事にも誘われ、入会しました。現在まで色々な仕事(料亭の仲居さん、着物着付け、食育関係など)に就きました。

現在は、食育関係で大豆に関わる食物に関心を持って取り組んでいます。また、誘われて2年ほど前から『家政婦』としても週4日(残りは、先輩の家政婦さんが担当)就いています。クライアントの方は、90才という老齢ですが、温厚で素晴らしい方で、こちらが嘘をついたり、自己弁護したりすると、拒絶(クビ)されます。高価な食器を誤って割るようなことがあっても、素直に謝れば、赦していただけます。また、クライアントが明らかに間違っていたとしても、直ぐには反論せず、そのまま認め、頃合いを見計らって、間違いをやんわりと指摘するなど、今では、良い関係を維持できています。ただ、お給料が安過ぎるという課題があり、先輩と団結?して、一挙に7万円アップと、大幅改定して貰うことができました。クライアント(大金持ちのご様子)は、20~30年前の給料を基準としていて、以来一度も改訂(ベースアップ)してこなかったので、世の中の水準を知らなかっただけのようでした。

また、クライアントは勉強好きで、現役で働かれ、毎日肉類を食し、運動で体を鍛えておられるスーパーマンです。お金持ちでも、ものを大切にし、気に入ればよれよれの袋でも捨てずに持ち歩かれる方です。倫理法人会で倫理について学ぶと同時に、倫理感に溢れた、素晴らしいクライアントの元で働けるのはとても幸せです。」と、結ばれました。倫理法人会の講話は初めてとのこと。分かり易く訥々とお話して頂き、出席者も幸せなムードに包まれ、大満足でした。

 
この後、いつものように集合写真を撮り、オリーブの木で美味しい朝食を頂きながら、皆さんで本日のMSの感想を述べあいました。今後、他会でも講話されるなど、更なる発展を期待しています。

平松 健男 記)

0 件のコメント:

コメントを投稿